ああそれにしてもセ○クスがしたい......!

「自分は女に飢えている。」この書き出しから始まるのは武者小路実篤の小説「お目出たき人」である。僕も女に飢えている。3月某日に女を知ってというもの、もう丸半年も女の肌に触れていない。というかろくに女と喋ってすらいない。それもこれも公的抑圧が悪…

俺みたいにはなるなよ

8/26に院試があったので名古屋から上京した。僕はいつもフォロワーのシェアハウス(迷惑がかかる可能性があるので名前を伏せます)を定宿にしている。疲れていたし他のフォロワーたちと23:00から飲む約束をしていたので、シェアハウスで睡眠薬を飲んで仮眠を…

鬱は抜けられるか? 前編

前回のブログは思った以上に反響があり(というか半ば炎上して)、僕に対してのネガティブな書き込みも多数見受けられ、かつての僕ならば酒と薬に頼って今は人事不省になっていてもおかしくはないほどの盛り上がりを見せてしまった。読者の期待する内容はき…

オフパコ、そして破滅

実はフォロワーに黙っていたことがある。 2017年3月17日僕は童貞を卒業した。オフパコだった。詳細はここには書かない。まずはこのブログを読んでくれ。 unknown-rainbow.hatenablog.com このブログは僕のフォロワーの公的抑圧によるものである。ここに出て…

葉桜の森の満開の下

今更言うまでもないが僕の大学生活は青春とは程遠い。海水浴、夏祭り、スキー旅行、クリスマス、etc...やりたいことはたくさんあったがどれも果たせてはいない。5年間も通ってやってるのに何たる仕打ちか。しかしながら昨日ついに花見だけはやることができ…

読書会のすゝめ

今回の記事は筒井康隆の例の騒動とで迷ったのだが、Twitterやキャスやで散々喋ったので、当初から書こうと思っていたこっちを書くことにする。 僕は最近読書会に定期的に参加している。結構大規模な読書会コミュニティで東京にも支部があるので、この記事を…

なぜブログを書くのか

ブログを書く理由は人それぞれあると思う。僕がなぜTwitterだけでは飽き足らず、ブログを書こうと思うのか。一つには自意識の開陳という愚劣な欲動があるのだけれど、一応の理屈付けはある。 まず文章の修練になる。僕の文章ははっきり言って下手くそだ。と…